サイトタイトル

 

 

 

国民健康保険と社会保険の違いは?

国保と社会保険の違いは、その保険の協会が大きくことなります。

自営業や、個人の人が加入する国民保険は各市の管轄になっています。
そのために、加入ができるのもそこに住民票があることが前提です。

また、国保と社会保険の違いでは
社会保険は会社に勤務していることが条件になります。

そのために、
会社側ではその保険料を半分負担して協会健保に支払いをしています。
会社が半額負担することで、社会保険の方が保険料は安くなります。
同じ収入でも、自営業と会社員では保険料に違いがでるのはこのためです。

日本では、全ての国民が保険に加入することを法律で決めています。
この全国民の保険制度は世界的にも珍しくそして優秀な制度になります。

保険に加入することで、病気や怪我をしても医療費の負担は3割ですみます。

会社員も、退職すると国民保険に切り替えをします。
このようにして、
全ての国民が保険料を支払うことでお互いに支えあう制度になっています。

サラリーマン

 



Menu

● TOP
● 国保は入ったほうがいいのか?
● 国保に加入してない間分も払う必要あるの?
● 引越ししたら加入前の期間分も払わなくていいの?
● 国民健康保険と社会保険の違いは?

Copyright(C)2014-国保ってホンマに入ったほうがええの?  All rights